ブログ

★「日本人の知恵が大集結 使える!スゴ技6連発(2016/2/24放送)」を見ました。

今回のためしてガッテンでは・・・いろいろな、スゴ技を紹介していました。

私は、その中で気になった、2つを試してみました。

一つ目は・・・「手についたニンニクの臭いを和らげる方法」

もう一つは・・・「焼きパスタ」です。

私はニンニクをよく使うので、手に付く臭いについて気になっていました。

特に、子供の習い事の前に、夕飯の準備を済ませて行くときなど、手を洗ってもニンニクの臭いが取れないのです。

近づいて嗅がなければ分からない程度かもしれませんが・・・自分の手だと、まだとても臭う気がするのです。

これを和らげる方法は、ぜひ知りたい!と思いました。

160224image001.jpg
 

それは・・・驚くほど簡単な方法でした。

洗う時にこすらない、ただそれだけです。(^。^)

水で流すだけ、というので半信半疑で試してみましたが・・・確かに全く違います。

160224image003.jpg
 

指を洗い流すだけで・・・完璧ではありませんが、ほぼ臭いが取れています。\(^-^)/

普通にこすって洗ったら、もっともっとニンニクの臭いがします。

これには驚きました!

今まで、自分自身がニンニクの臭いを、手にこすりつけていたのです。

これからは、ただ洗い流すようにします。

続いて・・・焼きパスタを作ってみました!

160224image005.jpg
 

材料は・・・パスタ、オリーブオイル、コンソメ、水のみです。

フライパンを、2分くらいしっかりと熱し、半分に折ったパスタを1分ほど炒めます。

そこに、オリーブオイルを加えて・・・更に炒めます。

160224image007.jpg
 

すると・・・フライパンに接しているところから、麺に焦げ目がついてきます。

おいしそうに見えますが、このままでは固くて食べられないので・・・ここに水を少し入れて、コンソメも投入します。

500mlの水を、10回くらいに分けて何度も少しずつ加えていくと・・・麺が、だんだん柔らかくなってきます。

麺がしんなりしてきたら、完成です!

途中何度も味見をして、麺の固さをみました。

ここでは、コンソメを小さじ1.5と紹介していたので同量で作りましたが・・・それでは、味がしょっぱすぎました。

1人前で小さじ1くらいが、ちょうどいいかもしれません。

160224image009.jpg
 

焼きパスタは・・・普通に茹でたパスタよりも、色が茶色で、焼きそばのようです。

食感は、中華料理の固焼きそばのようです。

焦げ目の部分がとても芳ばしくて、おいしくできました。\(^-^)/

ちょうど、前日作ったトマト煮が残っていたので、トッピングしていただきました。

通常のパスタは、お湯を沸かすのに時間がかかりますが・・・この焼きパスタは、いきなりパスタを焼いて調理するので、時短になります。

食感がおもしろく、おいしいので・・・コンソメ量を調整して、また作りたいな~と思いました。

日本人の知恵は素晴らしいです。

香ばしいパスタ!
不思議な食感。焼き加減で色々楽しめる。但し、水をこまめに足す必要がある。焼きパスタのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「鼻づまりがスッキリ!開通SP(2016/2/17放送)」を見ました。

私は以前、血液検査をしたところ・・・スギ花粉とハウスダストのアレルギーがありました。

娘も、更にダニアレルギーがあります。

私たち親子は、年中鼻炎で特にこの季節は花粉に苦しめられています。(>_<)

私はタラタラと垂れてくる鼻水、娘はいつも「鼻がパンパンにいっぱい」と言っていて・・・ひどい鼻づまりに苦しめられています。

娘は、いつも耳鼻科で処方された鼻づまりの薬を飲んでいましたが、最近では自分で鼻をかんで出すことにして、薬は止めています。

いつも鼻が詰まっているので、寝る時に口を開けて寝ています。

口を開けて寝ると、寝つきが悪くなり、成長を妨げるということを知り、大変驚きました。

できれば、薬に頼らずに、何とか改善したいものです。

私は、耳鼻科で処方された点鼻薬を使っています。

先生に用法を守るように言われているので、使いすぎないようにしていましたが・・・血管収縮剤の入った点鼻薬を使いすぎると、逆に鼻詰まりがひどくなるという事が分かりました。

160217image001.jpg
 

調べてみると・・・ナファゾリン塩酸塩というのが、血管収縮剤だそうです。

あー、私の点鼻薬にも入っていますね。

これは、使いすぎないように気を付けないといけません。

で、今回のガッテンでは・・・ペットボトルを脇の下に挟むだけで、反対側の鼻が一時的に通るようになる、と紹介していました。

これは簡単なので、鼻づまりのひどい娘が早速試してみました。

160217image003.jpg
 

半信半疑でしたが、しばらくすると・・・「本当だ!!通った!!!」と大喜び。\(^-^)/

風邪をひいている下の娘も試してみると、やはり「通った!」とのこと。

私も、疑いながらも試してみると・・・20秒では、変わりありませんでした。

でも、そのあと少しそのままでいると・・・鼻が何となくムズムズするような感じがして、本当に通ったのです。

これには驚きました。

しばらくすると、また詰まってきてはしまいましたが、一時的には効果があると思います。

また・・・今回のためしてガッテンを見て一番やってみたい!と思った、「鼻うがい」も試してみました!

鼻うがいは、痛そうで試したことがなかったのですが・・・痛くないなら、と挑戦しました。

0.9%の濃度になるように、ぬるま湯で食塩水を作り、容器に入れます。

160217image005.jpg
 

「あー」と言いながら、鼻の中に食塩水を入れます。

「あー」と言わないと、のどの方に入ってきてしまいます。

あのインド人のように、反対側の鼻から出したいとチャレンジしましたが、それは出来ずに・・・鼻の入り口の方だけ洗浄しました。

160217image007.jpg
 

おもしろくて、2人で大笑いしながら鼻うがいをしました。(^。^)

やってみると・・・本当に全く痛くなくて、何だかとてもスッキリしました。

アレルギーが治るということは難しいと思いますが、少しでもラクに過ごせるようになるといいなーと思います。

これからも、是非続けたいです。

鼻うがいでスッキリ!
鼻うがいは、正しくやれば痛くない。但し、アレルギー自体が治るわけでは無い。鼻づまりのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「安心!激うま!カキ完全調理術(2016/2/10放送)」を見ました。

子供のころは、見た目が気持ち悪くて大嫌いだったカキですが・・・大人になってから食べてみると、とてもおいしく、今ではもう目がありません。(^o^)

ただ、家族は皆・・・カキが苦手です。(^^;)

やはり、見た目と臭いが嫌で、食べるのは「絶対無理」だと言い張っています。

今回のためしてガッテンでは・・・カキについて放送していたので、自分用に調理してみました。(笑)

以前から、加熱用カキと生食用カキが売っていることには気づいていましたが、それは単に鮮度の問題だと思っていました。

初めは生食用で販売し、ある程度経ったら加熱用にして販売しているのかなー、と。

ところが、それは・・・成長した場所の違いだそうです。

加熱用は沿岸部で育ったカキで、餌が多いためぷっくりとしています。

生食用は沖合で育ったもので、餌が少ないため水分が多いそうです。

私は、加熱用のぷっくりとしたカキを使い・・・万能調味料のカキペーストを作ってみました!

160210image001.jpg
 

材料は・・・加熱用かきと、お酒だけです。

カキをざるに開けてみると、身が大きくてぷっくりとしていて、とてもおいしそうです。(^。^)

ペーストにせずに、そのまま食べたい衝動にかられましたが・・・我慢しました。

160210image003.jpg
 

これを鍋に入れて・・・強火で2分、中火で5分加熱します。

160210image005.jpg
 

加熱し始めると、カキの香りが強くなりました。

私には、いい香りに感じますが・・・嫌いな人にとっては臭いようです。

焦げ付かないように注意しながら、水分が飛ぶまで煮詰めます。

カキは、火が通って一回り小さくなりました。

160210image007.jpg
 

これを、フードプロセッサーで細かなペースト状すれば・・・完成です。

160210image009.jpg
 

何だか、そのままの方がおいしそうに見えましたが・・・このカキペーストを使い、クラムチャウダーを作ってみました。

普通、あさりを使うクラムチャウダーを、カキで作ります。

160210image011.jpg
 

材料は・・・カキペースト、牛乳、塩、コショウだけです。

鍋に、ペーストと牛乳を入れて火にかけ、塩コショウで味を調えれば・・・完成です。

おー、とてもおいしそうに見えます。

通常のクラムチャウダーのように、ほかの具材が入っていないので、とてもシンプルです。

その分、カキの香りも味も強く感じます。

160210image013.jpg
 

う~ん、風味があっておいしいけれど・・・私はクラムチャウダーは、カキよりあさりの方がいい気がしました。(^^;)

カキにはもともと少し苦みがあって、それがおいしいのですが、この食べ方だとその苦みが少し強くなる感じ。

他にも野菜を入れれば、気にならなくなる程度なのかもしれませんが・・・私は少し気になりました。

やはり、私はカキ好きなので、そのままが一番おいしいかな。

今回、調味料として使うという、新しい調理法を試してみて、そのことを改めて実感しました~。

カキの風味が強くなる!
但し、本来の苦みも強く出てしまう。やはりカキ好きは、そのまま食べたくなる。カキのワザ、「ややガッテン」しました~♪

★「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策(2016/1/20放送)」を見ました。

以前、化粧品コーナーで・・・青い光の箱の中に顔を入れて、写真を撮り、自分の将来の「シミの予備軍」を見せてもらったことがあります。(^^;)

その時は、今ほどシミがなかったけれど、予備軍の多さにとても驚きました。

そして時が経ち・・・私の顔のシミは、増える一方です。

大きな茶色のシミもあり、気になるので皮膚科に行ったこともあるんですよ。

レーザーでシミをとると、私の場合、3万円くらいかかると言われました。

しかも、レーザーでとった場合、そこが日に当たらないようにしなければならないと言われ・・・それは私の生活では無理だ~と思い、諦めてしまいました。

今回のためしてガッテンでは・・・『シミを消す薬がある!』という予告を見て以来、楽しみにしていました。

薬で消えるなら、私も試してみたいです。

自分のしみがどんなものなのか、あまり見たくはありませんでしたが・・・じっくりみてみました。

160120image001-2.jpg
 

左目のわきには・・・5円玉くらいの大きな茶色のしみがあります。(>_<)

お化粧して隠そうとしても、見えてしまうくらい大きなシミです。

そのほかにも、小さいシミもたくさんありました。

よく見てみましたが・・・番組で言っていたような、「赤いシミ」はありませんでした。

がんのタネになると言われる、赤いシミが一つもなくてよかったです。

その赤いシミならば、効果のある薬があるそうですが・・・残念ながら、茶色のシミでは薬は効かないそうです。(*_*)

でも、摩擦をやめる事で、茶色のシミは改善するそうです。

以前も、摩擦はシミによくないという事を聞いたことがあり、その時には気を付けていましたが・・・時間が経つと、つい忘れてしまうものです。

特に、朝時間がない時など、石鹸を大して泡立てもせずゴシゴシ顔をこすり洗いをし、タオルでゴシゴシ、化粧水をつける時も、染み込みやすいようにと、ゴシゴシつけています。

このように、思い返してみるだけでも、相当こすっているという事に気が付きました。

洗顔時には、ホイップのように泡立てることが重要だそうです。

160120image003.jpg
 

泡立てネットを使い、しっかりと泡立てます。

160120image005.jpg
 

逆さにしても泡が落ちないくらい、しっかりと泡立てました。

160120image007.jpg
 

泡のクッションで顔を洗い・・・とにかく、顔をあまり触らないようにします。

朝はこれで汚れは落ちそうですが・・・メイクしているときは、これだと何となく不安になります。

でも、よごれは落ちるそうなので、このまま続けてみようと思いました。

自分の習慣をよくよく観察して見てみると・・・洗顔時だけでなく、タオルで拭く時、化粧水をつける時、下地をつける時、ファンデーションを塗る時など、思っていた以上に摩擦が多かったことに気が付きました。

意識するだけでも、大分違ってくると思うので、摩擦を減らす生活を続けてみようと思いました。

あー、シミが薄くなりますように。

意外と顔をこすってた!
ほんのチョッとした摩擦がシミの原因に。但し、習慣を変えるのは、努力も必要。シミ対策のワザ、「ガッテン」しました~♪

♪「シミが消える薬」について詳しい解説は、こちらがお勧め
http://www.cosmesuki.net/

★「たらこ!ヘルシー天国(2016/1/13放送)」を見ました。

たらこは、おいしいけれど・・・魚卵って、コレステロールが高く、塩分も多いというイメージがありますよねー。

また、あまりに赤いたらこは、着色料が心配になります。

たらこを買うときには、なるべく無着色のものを選ぶようにしていますが・・・なかなか売っていません。(^^;)

でも、子供たちは、そのようなことは気にしないので、よく「たらこ買って~」と言います。(笑)

買ってくると・・・朝ごはんにも、夜ご飯にも食べたがるくらい、大好きです。

今回のためしてガッテンでは・・・普通のたらこをつかって、極上「たらこおにぎり」の作り方を紹介していたので、早速試してみました!

160113image001.jpg
 

準備するものは・・・ご飯、たらこ、のり、水、塩だけです。

私が、たらこおにぎりを作るときには、ただご飯にたらこを入れて、握ってのりを巻くだけですが・・・ガッテン流は、ひと手間かけます。

たらこを、少し焼くのです。

コンビニのおにぎりでも、焼きたらこのおにぎりは売っていますが・・・家で作るときには、生のたらこを入れていました。

たらこを4分の1位の大きさに切り、片側の皮を切って開きます。

160113image003.jpg
 

このままでも、十分おいしそうにみえますが・・・フライパンにサラダ油を入れて、粒側から焼きます。

焼けてきたら、皮側も焼きます。

160113image005.jpg
 

とても芳ばしい香りがして、おいしそうですー。

焼けてくると・・・粒々が、ポップコーンのように飛び跳ねます。

通常のおにぎりは、にぎりますが・・・ガッテン流は、お椀で作ります。

塩水を作り、お椀の内側に塗ります。

160113image007.jpg
 

おにぎりというものは、具を入れて握り固めるものだ、と思っていましたが・・・この方法では、ご飯をほぐしながらお椀に乗せ、そこに焼いたたらこを乗せます。

フワッ~とした感じです。

160113image009.jpg
 

たらこの上に、ご飯を乗せ・・・お椀を回しながら整えていきます。

反対側も、ひっくり返しくるくると回します。

最後は、手で整えて、海苔の上に乗せれば・・・完成です。

いつも作る、しっかりとしたおにぎりとは違い、柔らかいおにぎりです。

食べてみると・・・塩分もちょうど良く、ご飯も普通にお茶碗で食べるご飯のように、フワッ~としています。

手で持って食べると、崩れてしまう為、お皿に置いてお箸で食べました。

160113image011.jpg
 

焼いたたらこは、表面がプチプチしていて・・・中は半生で、とてもおいしかったです!\(^-^)/

生だと気になる皮も、焼くと少しパリッとするので、口に残ることがなく食べられました。

子供達も、「おいしい!!!」と大喜びで・・・我が家では、たらこを焼くのが定番になりました。

おにぎりにしない時でも、フライパンで焼いて食べています。

全部に火が通る位ではなく、表面だけ焼くような感じがとてもおいしいです。

これは・・・皆におススメしたくなるくらい、おいしい食べ方でした。

外はパリッ、中はしっとり!
強く握らない、ふんわり「おにぎり」が新鮮。但し、手で食べるには柔らかいかも。たらこのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「舌も踊る!タコ新世界(2015/12/2放送)」を見ました。

世界で、最もたくさんタコを食べているのが、日本人だそうです。

ところが・・・我が家では、タコは全く人気がなく、あえて買って調理することもありませんでした。

私は、お刺身に入っていれば食べますし、タコ焼きは大好きです。

でも・・・家族みんなが食べないので、特に調理しようとも思いませんでした。(^^;)

今回のためしてガッテンでは、タコ料理を紹介していました。

タコを柔らかくするために、岩に叩き付けるのには驚きましたが・・・かわいそうなので、私には無理です。(・_・)

また、柔らか煮は時間がかかるようなので・・・今回は、「タコと白菜のピリ辛炒め」を作ってみることにしました。

タコを買ってきて調理することがなかったので、子供たちは興味津々です。

「タコの吸盤に吸われてみたい!」と言っていたので・・・「死んでいるタコは、くっついてこないよー」という事を教えました。

151202image001.jpg
 

で、「タコを触りたいので、お手伝いしたい」という娘と一緒に、調理しました。(^O^)

材料は・・・タコ、白菜、ねぎ、しょうゆ、砂糖、お酢、片栗粉、水です。

豆板醤を入れるとピリ辛になりますが、皆が食べられるように、豆板醤は入れませんでした。

このお料理は、タコの切り方に特徴があります。

151202image003.jpg
 

吸盤と皮、身に分けるのです。

最初に吸盤だけをそぎ取り、さらに両サイドの皮もそぎ切ります。

中心部は皮がないので、タコというよりはイカのようにも見えます。

151202image005.jpg
 

フライパンにサラダ油を入れて、白菜とネギを香りが出るまで炒めます。

ネギの香りが出てきたら・・・タコの皮、中心の身の部分、吸盤の順番に入れてさらに炒めます。

151202image007.jpg
 

タコは、お刺身でも食べられるものなので、そんなに火を通さなくても大丈夫です。

あらかじめ準備しておいた、合わせ調味料を入れて、とろみが出てくれば・・・完成です!

作ったことのなかったタコ料理ですが、とても簡単においしそうに出来ました。\(^-^)/

タコが嫌いな娘も、自分で作ったので味見をしてみましたが・・・一口食べただけで、「これ嫌だー」と言って、それ以上はチャレンジ出来ませんでした。

食感が嫌なのかと思ったら、「噛んでも嫌だし、味も嫌だ」そうです。(^^;)

私も食べてみました。

まずは・・・中心の身の部分です。

151202image009.jpg
 

とても弾力のある歯ごたえで・・・ベビーホタテの小さい貝柱のようでもあり、また肉厚なイカを小さく切ったような感じでもあります。

私は、とてもおいしいと思いました。(^o^)

次に、皮だけを食べてみると・・・皮は小さすぎて、私はすごくおいしいという感じでもありませんでした。

が、吸盤は、まさにここがタコ!という食感でした。

吸盤だけでもタコと分かり、ここもおいしかったです。

まあ、子供達には不人気でしたが・・・大人には大好評でした。(^。^)

私は、普通にお刺身で食べるよりも、このタコと白菜の炒め物やタコ焼きのように、調理したタコの方がおいしいような気がしますね。

弾力のある歯ごたえ!
タコ好きには食感がたまらない。但し、好き嫌いが分かれる。子供受けは悪い。タコのワザ、やや「ガッテン」しました~♪

★「酒かすパワー大全開!(2015/11/25放送)」を見ました。

年末年始のころになると、酒かすを使い甘酒を作ることはありますが・・・その酒かすを使って、かす漬を作ろうと思ったことは一度もありませんねー。

とても面倒そうだし、そもそも自宅でできるものだと思っていませんでした。(^^;)

でも、魚のかす漬けはとてもおいしいと思います。

考えてみると、私は魚のかす漬け以外、かす漬けを食べたことがない気がします。

今回のためしてガッテンでは・・・自宅で簡単に、いろいろな食材を粕漬に出来る!と紹介していました。

いろいろな食材を、かす床につけておくだけで、絶品になるそうなので・・・さっそく試してみました!

151125image001.jpg
 

まずは・・・「かす床」を作ります。

酒かすと、アルコール度数の高いみりんを、電子レンジにかけて混ぜるだけです。

酒かすは、袋を開けただけでも、お酒の香りがとてもしましたが・・・温めて、みりんと混ぜると、お酒の香りが数倍強くなりました。

151125image003.jpg
 

これをよく混ぜて、ペースト状にします。

151125image005.jpg
 

ドロドロになったので・・・そこに、家にあったチーズ、チョコレートを入れることにしました。

チーズのかす漬けというのは、いったいどんな味になるのか、全く想像がつきません。

全体にかすが付くように気を付けて・・・6時間後に試食してみました。

漬けたら、かすは洗わずにそのままにするか、少しぬぐう程度でいいそうです。

酒かすが少しついたまま、食べてみました。

まずは、チーズです。

触ってみると、チーズのまわりが少ししまっているような感じで、中よりも固くなっていました。

出しっぱなしにして、ちょっと乾燥して固くなったような感じです。

食べてみると・・・とても驚いたことに、甘いのです。

151125image007.jpg
 

チーズのまわりが、甘くなっていました。

みりんが入っているというのもあるかもしれませんが、かす床自体はそれほど甘いとは感じません。

チーズについているカスの部分が、特に甘いのです。

チーズが本当においしく、絶品になった気がしました。

続いて・・・チョコレートも食べてみました。

番組では、チョコレートはおすすめ食材の中に入っていませんでしたが・・・私がチョコレート好きなので、さらに絶品にならないか試してみたかったのです。

ところが・・・チョコは、チーズのようなまわりの変化はありませんでした。

食べてみても、そんなに驚くほどの変化はありません。(・_・)

普通のチョコレートに、酒かすがくっついているような感じです。

酒かす自体も、そんなに甘いとも感じません。

チョコ自体が甘いので、変化に気づきにくいのでしょうか?

今回は2種類しか試しませんでしたが、粕漬には「合う食材」と「合わない食材」があるのかもしれません。

他の食材でも試してみたいと思います~。

チーズが甘く絶品に!
酒かすの活用法に、目から鱗。但し、チョコなど元々甘い食材だと、今一つ。酒かすのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「魔法飲料!コーヒー祭り(2015/11/4放送)」を見ました。

私は、昔からコーヒーが大好きで・・・毎日3~4杯は飲んでいます。(^^;)

以前は、飲みすぎるとカフェインが体に良くないなど、あまり健康的なイメージはありませんでした。

でも最近は、コーヒーを飲むとがんを予防する効果もあるらしい、というニュースを耳にしたりするので・・・コーヒーは、健康飲料のような存在になってきている気がします。

今回のためしてガッテンでも、心臓病や脳卒中の死亡率を減らす、ということが紹介されていました。

おいしくて、健康的にも良いなんて、コーヒー好きにとってはうれしい報告です。(^o^)

私がいつもコーヒーを飲んでいるので、最近では子供たちも「ちょっと飲んでみたい」と言うようになってしまいました。(汗)

151104image001.jpg
 

子供にカフェインは良くない、と聞いたことがあるのであまり与えていませんでしたが・・・番組では、子供たちが泡コーヒーを作って飲んでいたので、我が家でも早速試してみました!

材料は・・・インスタントコーヒー、砂糖、水、牛乳だけです。

インスタントコーヒーは、スプレードライタイプのものと言っていましたが、うちにあったのは通常の粒タイプのものでした。

家にあるもので作ってみたかったので・・・粒をすり鉢ですり潰し、パウダー状にしてみました。

砂糖も、上白糖でなく三温糖を使いました。

これらをすべて、空のペットボトルに入れます。

151104image003.jpg
 

コーヒーは、量が多くなかったので簡単に入れられましたが・・・砂糖がなかなかうまく入りません。

じょうごを使ってみましたが、砂糖がサラサラでないからか、とても入れにくかったです。

上白糖を使えば、もう少しサラサラしていて入れやすいのかもしれません。

151104image005.jpg
 

全部入れたら・・・ふたを閉めて、思い切り振ります。

中の液体がなくなり、全部泡になればOKです。

151104image007.jpg
 

これをグラスに注ぎ、そこに牛乳を入れれば・・・完成です!

きれいに2層になりました。

カフェで出てきそうな、泡コーヒーが出来ました~。

このまま飲んでみると・・・上の泡部分が甘すぎて、むせそうです。(^^;)

ストローで、全部よく混ぜると・・・コンビニで売っているカフェオレのように、程よい甘さでおいしい飲み物になりました。

151104image009.jpg
 

子供達も、これは「おいしい!!」と絶賛していて、一気に飲んでしまいました。\(^-^)/

いつも私は、ただのブラックで飲んでいますが・・・このように甘く、おしゃれにして飲むのもいいですね。

お友達が来たときなどに出しても、喜ばれそうです。

皆で作ると楽しくておいしい泡コーヒーですが・・・皆がそれぞれ作るのに、いろいろと道具を使ったので、洗い物がたくさん出てしまいました。(・_・)

次は、大きいペットボトルにまとめて作ってみようと思います。

程よい甘さで美味しい!
飲みやすい味で、子供にも大好評。但し、後からペットボトルを洗うのが大変。コーヒーのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「驚異の!ぬめりパワー ナメコふわとろ百変化(2015/10/21放送)」を見ました。

なめこは、よく使いますが・・・いつも、定番の味噌汁に使うだけなんですよね~。

なめこの魅力は、ぬめりだというのに、私はいつも洗って使っていました。(^^;)

どこで聞いたのかは忘れましたが・・・なめこは洗ったほうがいい、と聞いたことがあるのです。

洗っても、ぬめりはあるし、おいしいと思っていましたが・・・今回のためしてガッテンでは、なめこのいろいろな使い方を紹介していたので、早速試してみました!

作ってみたのは・・・なめこで作る、「フォンダンショコラ」です。

「なめこ」と「フォンダンショコラ」なんて、どう考えてもつながりません。

娘は、フォンダンショコラが大好きですが・・・なめこは、そんなに好きではありません。

ナメコ嫌いの娘でも食べられるのか?、楽しみです。

151021image001.jpg
 

材料は・・・なめこ、チョコレート、砂糖、小麦粉、牛乳だけです。

これは、なめこ本体とぬめりを分離せずに、そのままなめこを、フードプロセッサーでドロドロにして使います。

151021image003.jpg
 

なので・・・なめこを洗わずに、フードプロセッサーに入れました。

すぐにドロドロになり、なめこと聞かなければ、何だか分からないくらいです。(^。^)

151021image005.jpg
 

卵を、ハンドミキサーで泡立てたようにも見えますね。

匂いを嗅いでみました。

この時点では・・・なめこの匂いがします。

これを使って、フォンダンショコラにするそうです。

151021image007.jpg
 

チョコレートと牛乳をボウルに入れて・・・電子レンジで、2分温めます。

この方法なら、刻んで湯せんして溶かすよりも、とても簡単です。

ここに・・・先ほどドロドロにしたなめこと、小麦粉を入れて混ぜれば、生地は完成します。

チョコレートと混ぜてしまうと、なめこの匂いは全く分からなくなります。

見た目でも、既にただのチョコレート生地にしか見えなくなりました。(^o^)

これを型に入れて、オーブンで8分焼けば・・・出来上がりです。

とてもおいしそうに焼けました!

8分しか焼かなくても、十分火が通っているようです。

フォンダンショコラなので、中身は多少トロっとしていても、いいのかもしれません。

151021image009.jpg
 

食べてみると・・・チョコレートの味がとても濃厚で、もっちりとした食感です。

お店で売っている物のように、おいしくできました。\(^-^)/

ただ材料を混ぜるだけで、こんなにおいしいフォンダンショコラが出来たことに驚きました。

もちろん、子供達にも大好評で、パクパクといくつも食べていました!

「実は、なめこが入っているの」と伝えると・・・「え!?」「全然なめこの味がしない!」「なめこなのにおいしい!」と言っていました。(笑)

ただ、聞いてしまうと気持ち悪いようで・・・「すごくおいしいけれど、もういいや」と、食べるのを止めてしまいました。(・_・)

とてもおいしかったので、今度は子供達に内緒にして、他に紹介されていた「なめこメニュー」を試してみたいと思いました。

チョコが濃厚になる!
ナメコの「ヌルヌル」を活用するのが新鮮。但し、子供には内緒にした方が良いかも。ナメコのワザ、「ガッテン」しました~♪

★「秋だ!サンマが激うま 本当の食べ方発見SP(2015/10/7放送)」を見ました。

秋といえば・・・サンマ。

脂がのっていて、魚焼きグリルの中で炎が出ることもあります。

私はサンマが大好きですが、サンマといえば焼くものだと思っています。

時々焼きすぎることもありますが・・・皮をこんがりと焼いて、大根おろしとポン酢で食べるのが一番おいしいです。(^o^)

今回のためしてガッテンでは・・・このこんがりと焼く、「7分焼き」も紹介していました。

が、それよりも驚いたのが・・・サンマのお刺身です。

その作り方を見て、びっくりしました。

ぜひ私も試してみたい!と思い、早速サンマを買ってきました。

今年のサンマは、例年より小さくて細い気がします。(・_・)

151007image001.jpg
 

サンマのお刺身を作るには・・・まず前日に、下準備が必要です。

それはとても簡単で、ただ冷凍するだけです。

かちかちに凍ったサンマを、少し爪跡がつくくらいまで解凍して、さばきます。

151007image003.jpg
 

まず・・・背びれと腹びれを、はさみで取り除きます。

151007image005.jpg
 

そのあと、肛門あたりから背骨に向かって、垂直に包丁を入れます。

151007image007.jpg
 

そこから・・・90度向きを変えます。

背骨に沿って、頭方向に包丁を進めます。

151007image009.jpg
 

頭まで包丁を進めていって、骨で止まったら・・・そこからは少しかわいそうな気がしますが、手で頭を背中方向に、ぼきっと折り曲げます。

そして引っ張ると・・・ 。

151007image011.jpg
 

何と!

皮がするすると、まるで脱ぐように剥けるのです。

151007image013.jpg
 

これを、背骨に沿って三枚におろし、食べやすい大きさに切れば・・・完成です!

やってみるまでは、ちょっとむずかしそうだと思いましたが、やってみると意外と簡単です。

これは、数をこなせばどんどん上手に出来るようになる気がしました。

早速、食べてみました。

カチカチに凍っていたサンマは、さばいているうちに完全に解凍され、冷たいけれど凍っていません。

冷凍してあったサンマで作ったお刺身というのは、「本当においしいのか?」と何となーく怪しい気がしていました。

が、食べてみると・・・全くそのようなことはありません。

151007image015.jpg
 

とても新鮮な、お刺身です!

娘にも食べさせてみると、「まぐろみたい!ねぎとろみたい!」と喜んでいました。\(^-^)/

脂がのっているので、確かにねぎとろのような感じもしなくなくはありません。

ただ、少しさばき方が雑だったからか、小骨が口に残りました。

ピンセットなどでとれば、完璧においしいお刺身です。

今までは、ただ焼いて食べるだけのサンマが一番おいしいと信じてきましたが・・・この冷凍サンマでのお刺身も、とてもおいしく、まさに目からウロコという感じがしました。

生のサンマをさばくと、柔らかくてぐちゃぐちゃになってしまいますが、冷凍してからさばくというのは、本当にすごいアイデアだと思いました~。

サンマの刺身を自宅で!
意外と簡単に刺身が出来て感動。但し、3枚に下ろすので、やはり練習が必要。サンマのワザ、「ガッテン」しました~♪