HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン 鶏むね肉のワザ!(2012/6/13放送)
ためしてガッテン 鶏むね肉のワザ!(2012/6/13放送) は本当?

★「あの鶏むね肉が絶品に変わるウルトラ技発見(2012/6/13放送)」を見ました。

むね肉は、とてもお手頃価格で売られているのでよく利用していますが・・・どうしてもパサパサしてしまいがちなんですよね~。

私は以前、何かでプレーンヨーグルトに漬け込んでおくと柔らかくなる、と聞いたことがあったので・・・いつもその方法で調理していたんですよ。

これは、むね肉をヨーグルトに漬け込んでおいて、調理する前に軽く水洗いし、あとは普通に調理するという方法なんです。

まあこれでも、何もしないよりは柔らかく、みずみずしくなっていました。

120613image001.jpg
 

で、今回のためしてガッテンで、「胸肉が絶品に変わる技」があるという事を知ってしまったので・・・さっそく試してみました!

そのウルトラ技はとても簡単。

1.むね肉全体を均一な厚さに切り、フォークで穴をあけます。
2.むね肉の皮を除いた分量の1%の砂糖と1%の塩、10%の水をビニール袋に入れ、むね肉と一緒に1分ほど揉みこみます。
3.切る時には肉の繊維に対し、直角に切るようにします。
4.その後包丁の背で肉を格子状にたたけばいいのです。


胸肉の厚みを均等にするために、半分に切ってみました。

そして、フォークでブツブツとたくさんの穴をあけます。

この時、よく水分がしみ込むように、両面に穴をあけるようにしてみました。

120613image003.jpg
 

続いて・・・ビニール袋に砂糖、塩、水を投入。

肉の重さを量ると530gだったので、砂糖、塩は小さじ1ずつ、水は50mlぐらい入れ、むね肉も入れ、1分程よく揉みこみました。

1分でいいという点が、いいですね~。

何時間も漬け込まなくてはならないと、夕飯の支度をする時からでは間に合いません。

そして・・・切り方にも注意が必要です。肉の繊維に対し直角に切ります。

120613image005.jpg
 

繊維に直角に切る事に集中していたら、大きさがバラバラになってしまいましたが・・・まあいいか。

その肉を包丁の背でたたけばOK。絶品むね肉に変わるはず!

今回は、その下ごしらえしたむね肉を使い、ピカタを作ってみました~。

味見をしてみると、おいしい!! \(^-^)/

柔らかくなったというか・・・噛んだ時の触感が、プリプリになっていました。

120613image007.jpg
 

ヨーグルトで下ごしらえした時のピカタは、柔らかくなっていたけれど、こんなプリプリ感は感じられなかったんですよね。

それと、ウルトラ技のピカタは・・・味も塩気がちょうどよくなっていました。

いつも塩は適量、つまり適当に入れていたのですが、1%でとてもいい具合に味がついています~。

砂糖を入れるという点も、どんな感じになるのか気になっていましたが・・・甘味を感じる事はなく、とてもおいしく仕上がっていました。

これは本当にウルトラ技ですね。

食感がプリプリ!
簡単で早くて何より美味しい。塩気もちょうど良い。砂糖を使うけど甘くない。鶏むね肉のワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪