HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン パセリのワザ!(2012/5/9放送)
ためしてガッテン パセリのワザ!(2012/5/9放送) は本当?

★「信じられん!パセリを激ウマに変える30秒技(2012/5/9放送)」を見ました。

パセリは、見た目がかわいらしいけれど・・・子供のお弁当に入れても決して食べられることなく、大人のお弁当でさえ残ってきてしまう存在です。(泣)

食べられない事はないのですが、あえて『食べる』とは思えないパセリ。

野菜というよりは、飾りという感じがしてしまいます。

120509image005-2.jpg
 

でも、以前玉ねぎスープを作った時に、最後にパセリを入れたものと、入れていないものを飲み比べた事がありました。

その時には・・・パセリパワーを感じました。

パセリが入っている方が断然、おいしかったのです!

パセリが入っている方が圧倒的に香りも良く、玉ねぎスープに合っていました。

そうは言っても・・・玉ねぎスープ以外は、飾りとしてしか使っていないのが現実です。(^^;)

今回のためしてガッテンでは・・・パセリを作っている農家の方が「え!?食べないで捨てちゃうの?」と、とても驚き悲しみ嘆いていたのが印象的でした。

私も、自分で一生懸命作った野菜が食べられることなく捨てられていると知ったらショックです。

そこで、これからは無駄にしないように・・・パセリを激ウマに変える、ガッテンワザを試してみました~!

パセリを激うまに変えるワザは・・・パセリを30秒加熱するだけという、簡単なものでした。

120509image001.jpg
 

まず・・・フライパンを強火で1分加熱します。

油を入れるとよりおいしくなるというので、私は油を引いてみました。

パセリを入れて、30秒加熱すれば出来上がりです。

蓋をして、焦げないようにフライパンを揺すり、30秒待つと・・・若干焦げている部分もありますが、出来上がりました~。

120509image003.jpg
 

早速、試食です!

比べる為に、最初に生の方も食べてみると・・・パセリのゴワゴワがあり、香りも強くて、やはり生ではおいしい!という感じはしません。

もっと食べたいとは思えないんですよね。

で、ガッテン流加熱パセリを食べてみると・・・おー、食感がシャリシャリとしていて、ゴワゴワ感がなくなり食べやすい感じがします。

葉が柔らかくなりました。

香りは生の方がとても強かったのですが、よく言えばマイルドになって食べやすくなりました。

そして何と言っても違いは・・・「おいしい」という事。\(^-^)/

なんだか、後を引く感じがするのです。

もう一つ、もう一つ、と食べられてしまいます。

これには驚きました。

さらに番組では、パセリを使ったお料理も紹介していたので・・・パセリのお浸しを作ってみました!

パセリでお浸しとは意外な感じもしますが、うちでは三つ葉のお浸しも作るので、きっとおいしいだろうと。

120509image005.jpg
 

材料は・・・パセリとごまとおしょうゆだけです。

70℃くらいのお湯に1分浸します。

あれ~、温度が低すぎたのか、パセリが硬いままです。(*_*)

120509image007.jpg
 

浸す時間が1分のところ・・・2分に伸ばしてみました。

それでも、しんなり感がなくゴワゴワ感が残ったまま。

そのまま水気を切ってしょうゆを和えて、ゴマをふってみました。

120509image009.jpg
 

結果・・・残念ながら、生のパセリに近い食感でした。(>_<)

これは、もう少し茹でればうまくいったのかな~。

残念。

でもこれからは、なるべくパセリを無駄にしないように、もっと工夫していきたいです~。

ゴワゴワ感がなくなる!
フライパンで加熱するだけで簡単。但し、おひたしは生っぽくて難しい。パセリのワザ、やや「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪