HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン うどんのワザ!(2012/5/30放送)
ためしてガッテン うどんのワザ!(2012/5/30放送) は本当?

★「うどん!裏技・コシ技 美味技これでもかSP(2012/5/30放送)」を見ました。

そう言えば、子供の頃、親戚にうどんの上手なおばあさんがいたんですよ。

遊びに行くと、いつも手作りうどんをご馳走してくれました。

作る時にビニール袋に入れたうどんの生地を、弟と一緒に足で踏むお手伝いを頼まれるんです。

食べ物を足で踏むなんてとても罪悪感を感じていましたが・・・「いっぱい踏むとおいしくなるんだよ」と言う言葉を聞いて、不思議に思ったものです。

12530image001.jpg
 

自分でうった麺は、確かに・・・太くてコシのある、おいしいうどんでしたね~。

今でも私はコシがあるうどんが好きなんですが、自宅で食べるうどんは・・・だいたいスーパーの乾麺なので、コシがあるという感じはしません。(^^;)

今回のためしてガッテンでは、ゆで置き時間でコシを調節する方法を紹介していました。

そして、乾麺でおいしい釜たまの作り方と食べ方も紹介していたので、早速挑戦してみました!

ポイントは・・・とにかく高い温度をキープする(温度を下げない)事だそうです。

うどんをゆで始め、同時に食べる準備も始めます。

薬味にするねぎを刻み、うどんをあげるためのザルも準備し、どんぶり、卵も出しておきます。

12530image003.jpg
 

どんぶりを、あらかじめお湯で温めておきます。

そこに生卵を割り入れて、よく混ぜておきます。

麺がちょうどいい硬さになってきたら鍋の中にザルを入れて、あまり麺をお湯から出さないように、温度を下げないように気を付けながら手早くお湯をきります。

そしてすばやく、準備しておいたどんぶりの中へ麺を投入します。

手早くかき混ぜると・・・卵が麺の周りで固まってきました。

12530image005.jpg
 

ちょうどカルボナーラを作っている時に、アツアツのパスタを入れると卵が固まり、絡んでくる時のような感じです。

温度が下がらずにうまい具合にどんぶりに移せたようで・・・成功です! \(^-^)/

これにしょうゆを入れて、出来るだけ早く食べます。

私はねぎ好きなので、ねぎも入れてみました。

写真では見にくいとは思いますが、麺の周りに卵が絡んでいます。

乾麺で作った釜たまは・・・ふっくらとした触感でした~。

12530image007.jpg
 

卵おかゆの、うどん版のようなイメージです。

コシがあるというよりは、ふっくらと優しい感じがしました。

今回はしょうゆでいただきましたが、めんつゆでもおいしそうですね。

ちなみに私は、いつも乾麺は茹でた後、水洗いをしていたんですよ。

水洗いした方が麺がしまって、コシが出るような気がするからです。

また、そのままだとぬめりがあるし、塩分が多いかな?・・・と思っていました。

でも今回のアツアツ釜たまは、卵が絡んでいるのでぬめりが気になるという事も、しょっぱすぎるという事もありませんでした!

これは、寒い季節にピッタリなので・・・また釜たまを作りたいと思います。

乾麺でもコシが出る!
ふっくらして美味しい。水洗いしないが、ヌメリもなし。うどんのワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪