HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン おかゆのワザ!(2011/07/20放送)
ためしてガッテン おかゆのワザ!(2011/07/20放送) は本当?

★「門外不出!料亭おかゆ 秘技・奥義一挙大公開(2011/07/20放送)」を見ました。

料亭のおかゆは食べたことはありませんが・・・私の今までの人生の中で一番おいしかったおかゆ、というのはあります。

それは、香港で食べた中華粥です!

とてもシンプルな白いお粥でしたが、油揚げのようなお麩のようなもの、ピータン、ザーサイなどを刻んだものをトッピングしていただくものでした。

鶏のだしなのか、ホタテなどのだしなのか分かりませんが・・・日本の味のないお粥と違って、本当にビックリするくらいおいしかったことを覚えています。

味がとにかくおいしかったことを覚えていますが、お米の状態がどうだったか、重湯の状態はサラサラだったかなど具体的なことは忘れてしまいました。(^^;)

また、韓国で食べたお粥は・・・どれも具だくさんな薬膳粥という感じで、それはそれでおいしかったのですが、やはり香港の中華粥が私の中では一番です~。

今回のガッテンでは、料亭のお粥のワザを紹介していたので、私も試してみます!

日本のワザで、どのようなおいしい究極粥が出来るのか楽しみです~。

110720image001.jpg
 

まずは・・・お米を研いでザルに開けて、20分位しっかりと水を切ります。

鍋に水を入れて強火で沸騰させ、そこにお米を入れて2~3回混ぜます。

少し火を弱めて、お米が鍋の中で偏ってきたらまた2~3回混ぜます。

この時に、混ぜすぎると粘り気が出てしまうそうなので、混ぜすぎないように注意します。

110720image003.jpg
 

お米を入れてから11分後にお湯をいれて・・・またそっと混ぜます。

写真にも写っていますが、鍋の縁に、重湯が薄く固まった膜がヒラヒラとしてきました。

その4分後に、また鍋全体をそっと混ぜて火を消し・・・初めて蓋をします

5分位蒸したら、出来上がりです。

110720image005.jpg
 

見た目は・・・粒が崩れていないな~というのが第一印象です。

お粥というのは、お米が膨らんでヒビが入っているような、ふやけたような物で、わざとそのようにして柔らかくしているのかと思っていました。(^^;)

このお粥は・・・一粒一粒がしっかりとお米の形をしていて、それなのに柔らかくなっていました。

味はものすごくおいしい!!というわけではありませんが・・・お粥の優しい味です。

110720image007.jpg
 

粒々していながら、とても柔らかい食感が、通常のお粥と違い良かったです。

今回の作り方は、早くて簡単なのが驚きましたね。

今までは・・・炊飯器のお粥メニューで作ったり、ご飯が炊けるお鍋でお粥を作ったりしたことがあります。

どちらも時間がかかり、しかも蒸気口から重湯が噴きこぼれてきてしまい大変でした。

この作り方なら、お米を研いでおけば20分位で出来るので、朝ご飯にもいいと思います。
 

米粒がしっかり、柔らかい!
20分で出来るのは早い。但し、炊き方だけでなく、美味しい味付けも知りたい。おかゆのワザ、「ほぼガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪