HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン おからのワザ!(2009/6/24放送)
ためしてガッテン おからのワザ!(2009/6/24放送) は本当?

★「健康食品おから革命!新発想で激ウマに変身(2009/6/24放送)」を見ました。

おからは健康には良さそうだとは思っていましたが、あまり使い道が無い気がしますよね~。

おからで作る白和えも・・・そんなにおいしいとは思えませんし。(^^;)

わが家ではおからといえば・・・おからマフィンかな。

おからマフィンは作り方もとても簡単で、とてもしっとりとしていて、おからの味や食感が感じられないのにおいしいので、子供達に大好評なんです。

09624image001.jpg
 

で、今回のためしてガッテンでは、おからの水分を飛ばして使うという、今までと全く違った使い方が紹介されていたので試してみます!

なんと茶碗蒸しにおからを入れるというのが新しいですね。

茶碗蒸しはあの滑らかな口触りがおいしいと思うのですが・・・おからを入れたらどうなるのかな。

卵液に、おからの細かいつぶつぶが浮かんできそうなんですが。

興味と疑問を感じつつ・・・作ってみました。

まずは、おからをフライパンで炒めて水分を飛ばします。

100gのおからを、40g位になるまで炒めてみました。

09624image003.jpg
 

はじめは白っぽく何となくしっとりしていたものが、茶色っぽくなってきて、ぱさぱさと細かく軽くなり、豆のような香りがしてきます。

初めて炒めたので、途中で何g位になったのか、量りながら炒めてみました。

だいたい10分位したところで、目標だった40gになりました。

あらかじめ合わせておいた調味液を沸騰させ、おからを入れます。

調味液を吸わせて、おからがパサパサする場合には、だし汁で調整し、ぎゅっと握って固まるくらいの硬さにします。

レシピ通り、100mlのだし汁に20gのおからでは水分が多すぎて、握って固まる硬さになりませんでした。

そのくらいの硬さにするには、結局、倍位の40gのおからを入れました。

それを器に入れて、スプーンでぎゅっと押さえました。

09624image005.jpg
 

私はここに、鶏肉とシメジを入れました。

そこに卵液をそっと注ぎます。

そして、上に三つ葉を散らし、蒸しました。

少し火が強くて『す』がたってしまったのかと思うような表面です。

茶碗蒸しらしいツヤツヤ感が出ていません。(^^;)

試食してみると・・・これは、おからでした。

想像通り、細かいつぶつぶ感が残っています。(やっぱりだ~)

浮いてこないようにおからに調味液を吸わせ、しっかりと器の底に押し付けてから卵液を流しましたが・・・蒸しているうちに浮いてきてしまいます。

09624image007.jpg
 

その証拠に、器の底の方の卵液は、通常の茶碗蒸しのような滑らかな食感です。

う~ん、やはり、おから独特の口触りがざらざらとしていて・・・私は、普通の滑らかな方がおいしいと感じますね。

これだと、使い道としては、我が家の「おからマフィン」の方がイケてるなあ~。

ただ、おからに調味料(だし)を吸わせて使う、この発想自体はアリだと思います。

滑らかな食感の茶碗蒸しではなく、何かに混ぜ込むなどして使えば、もっとおいしく使えるんじゃないかな。

おからの使い道が広がる!
炒めて使うのがポイントだが、ザラザラの口触りがイマイチ。おからのワザ、「ガッテン」出来ませんでした~♪(^^;)

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪