HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン 柿のワザ!(2009/10/14放送)
ためしてガッテン 柿のワザ!(2009/10/14放送) は本当?

★「知らなんだ!柿の味が極上に変身する瞬間技(2009/10/14放送)」を見ました。

わが家には柿の木が3本あるので、秋になるとたくさんの柿が実ります。

おじいちゃんおばあちゃんは、柿がなるのを毎年楽しみにしていてたくさん食べているのですが・・・子供達はまったく食べません。(^^;)

りんごやぶどうなどと違い、柿は果物なのに不人気なんですよね~。

091014image001.jpg
 

そう言う私も、子供の頃は苦手でした。

理由は・・・種の辺りの、にゅるっと柔らかい感じが嫌だったような気がします。

また、初めて渋い柿を食べてしまった時の、口の中の水分が一瞬にしてなくなった様な、上あごがしゅわっと変な感じになった、嫌~な記憶があるからかもしれません。

まあ、今は食べますが・・・柿を調理しようと思ったこともなく、普通に剥いて食べるだけ。

何といっても、数だけは沢山あるので傷ませてしまってはもったいないし、柿はビタミンCが多くてお肌に良さそう!と思いつつ、ただ食べていました。

今回のためしてガッテンでは、この柿を使った料理法を紹介していたので、早速試してみました!

まず、渋くない柿きんとんを作ってみることにしました。

この料理に使う柿は、最初の写真左端の完熟した柿です。

これ、私が苦手とするタイプの柿です。

091014image003.jpg
 

で、ガッテン流の渋くならないワザとは・・・加熱する前に(先に)タンパク質とくっつけることなんです。

まず、完熟した柿を裏ごしして、ピューレのようにして使います。

柿を裏ごしすると言ったら、子供がおもしろがって手伝ってくれました。

作り方はとても簡単で、さつまいもと牛乳と裏ごしした柿を耐熱ボウルに入れてレンジで8分間加熱し、バターを入れて木べらでつぶしながらよく練るだけです。

バターと牛乳がタンパク質なので、渋みを抑えてくれるってことですね。

分量通り作ってみましたが、最初は牛乳が多すぎたのかと思うほど水分が多すぎて・・・びちゃびちゃしていました。(^^;)

でも徐々に、水分がさつまいもに吸収されてちょうどよくなりました!

091014image005.jpg
 

砂糖を全く使わないので甘くなるのか心配でしたが・・・味見してみると程よく甘みがあって、美味しかったです。\(^-^)/

完熟柿が砂糖の代わりになるほど甘く、またそのような使い方があったとは驚きでした。

そして、「柿きんとん」は不思議なことに、柿の味を感じませんでした。

何となくフルーティーな風味はしますが、それが柿とは思えない感じなんです。

家族にも、柿を使ったという事を内緒にして味見してもらいましたが、誰も柿が入っているとは気づきませんでした。

柿嫌いな子供達も「これスィートポテト?」と聞きながら、柿に気づかずにおいしいと食べていたので良かったです。

091014image007.jpg
 

スィートポテトと言われたので、更にアレンジして卵黄を塗って焼いて・・・柿スィートポテトも作ってみました~。

砂糖を使っていないので甘味が強くはありませんが、自然で優しい味の柿スィートポテトになりました!

これは、子供のおやつにぴったりですね。

フルーティで美味しい!
柿の嫌な感じが無くなる。甘さも自然。柿のワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪