HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン カレーのワザ!(2007/1/31放送)
ためしてガッテン カレーのワザ!(2007/1/31放送) は本当?

★「うまさ別次元! カレー大革命(2007/1/31放送)」を見ました。

カレーは・・・家族みんな大好きなメニューなので、良く作ります。(^O^)

でも、特に工夫することなく・・・まるで小学校の宿泊学習で作ったような、オーソドックスな作り方で大量に作っているんですよね~。(^^;)

それはそれで、とてもおいしいと思いますが・・・今回のためしてガッテンによると、「別次元のうまさのカレーが作れる」というので、早速挑戦してみました!

07131image001.jpg
 

ガッテン流カレーの、普通と違うところは・・・とうがらし、ニンニク、バター、砂糖を入れるところです。

材料は、カレールウ、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、ニンニク、とうがらし、サラダ油、バター、砂糖、肉を使います。

07131image003.jpg
 

まず・・・フライパンにサラダ油ととうがらしを入れ、香りが出てきたらニンニクをきつね色になるまで炒めます。

ニンニクの香りがとても良く、カレーを作っているというよりは、何かパスタでも作るような感じです~。

07131image005.jpg
 

そこに・・・大量の玉ねぎを投入し、強火で7分~10分炒めます。

07131image007.jpg
 

焦がさないように、ずっとフライ返しを動かし続けたので・・・腕が疲れました。(*_*)

7分でこの状態です。

通常・・・カレーを作るのに、ここまでしっかりと玉ねぎを炒めません。

きっと、しっかりと甘みとうまみが出るでしょう。/(^_^)/

ここに水を入れて、とうがらしを取り出し、生のニンジンを入れて・・・ミキサーにかけます

このような作り方は、初めてですね~。

07131image009.jpg
 

そして・・・これをまたフライパンに戻し、じゃがいもを入れて煮ます。

07131image011.jpg
 

更に一手間、今煮ていた物すべてをザルに移し・・・じゃがいもを取り出して、こします

これが、とても大変でした。(>_<)

濾す、という作業が慣れていないせいか・・・時間がかかる割に、なかなか終わりません。

07131image013.jpg
 

やっとのことで、濾し終わった具と汁を・・・またフライパンに戻します。

ここにカレールウ、バター、砂糖を入れて煮込み、煮過ぎないために先程出しておいた、じゃがいもを戻せば完成です。

でも・・・カレールウが分量通りでは、3~5分どころか20分以上煮ても、サラサラのスープのようでカレーらしくなりません。(-_-;)

07131image015.jpg
 

ガッテンではカレーソースとして紹介されていましたが・・・これでは飲むようなので、少しルウを増やしました。

今回のカレーは、まだ肉が入っていません

肉は別にフライパンで焼き、お皿にご飯、お肉をのせて、じゃがいもを崩さないようにカレーソースをかければ完成です!

とても時間と手間がかかり・・・やっとのことで完成した感じ。

どのくらいおいしいのだろうと、ワクワクしながらの試食です。

最初は・・・甘くて、少しすると辛味も感じます。

07131image017.jpg
 

あれだけ強かったニンニクの香りは、ルウを入れたらそれほど強くは感じません。

コクがあって・・・とてもおいしいです!

ただ、子供には辛いかと思って、早めにとうがらしを出してしまったせいか・・・辛味が少なく、甘みの強いカレーになりました。

あれだけの量の玉ねぎを炒め、砂糖も入っているので甘味があるのは当然ですが、大人にはちょっと物足りないような感じもします。

味はとてもおいしいのですが・・・具がないカレーは不思議な感じらしく、お粥みたいなカレーだと言われました。(>_<)

どうやら、我が家はおいしい高級カレーは何となく物足りなく・・・具がごろごろとたくさん入っている、大衆カレーの方がいいようです。

いつもと違う高級カレー!
但し、具無しカレーは子供に不評。手間がかかり、相当難しい。カレーのワザ、「ガッテン」出来ませんでした~(>_<)

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪