HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン 片栗粉のワザ!(2007/11/28放送)
ためしてガッテン 片栗粉のワザ!(2007/11/28放送) は本当?

★「裏方返上!片栗粉 極ウマとろみ術(2007/11/28放送)」を見ました。

片栗粉は・・・とてもよく使う食材のひとつですよね。

とろみをつけたり、唐揚げの粉として使ったり、肉を焼く前に調味料が絡みやすいようにつけたり。

特に使い方を習ったわけでもなく、満足していましたが・・・今回のガッテンでは、極ウマになる秘訣があるというので、早速試してみました!

作ってみたのは・・・『不思議?無重力スープ』です。

スープの材料は、コンソメと片栗粉で、中に浮かべるポテトピューレはじゃがいも、生クリーム、牛乳、バター、塩・こしょうです。

20071128image001.jpg
 

まずは・・・ポテトピューレを作ります。

じゃがいもを裏ごしするのですが、じゃがいもは蒸かしたり、ゆでたりせずに簡単にレンジでチンして、皮を剥き、裏ごししました。

20071128image003.jpg
 

よく洗ったじゃがいもを、火が通りやすいように半分に切り、皿に少し水を入れてラップをして5分加熱しました。

20071128image005.jpg
 

柔らかくなったじゃがいもを、裏ごししました。

20071128image007.jpg
 

我が家には、裏ごし器がないので・・・いつもザルを使って裏ごししています。(^^;)

20071128image009.jpg
 

裏ごししたら・・・生クリーム、牛乳、バターを入れて弱火で加熱します。

20071128image011.jpg
 

味をみて、少し塩コショウしました。

次に・・・スープを作ります。

20071128image013.jpg
 

温めたコンソメスープに、水ひたし片栗粉を少しずつ投入しました。

よく混ぜながら、しっかりと加熱します。

20071128image015.jpg
 

私は、少し加熱してとろみがついてきたら・・・すぐに火を止めて完成だと思っていたんですよね。(^^;)

今回のガッテンで、片栗粉はしっかりと加熱した方がいいという事を知ったので・・・1分30秒ほどしっかりと加熱しました。

スープもポテトピューレも出来上がったので、器に盛り付ければ完成です!

20071128image017.jpg
 

スープにとろみがついているおかげで・・・ポテトピューレを入れても、沈まずに浮かんでいる感じになりました。

少しでも分量が違うと、全く違ったものになってしまうという事だったので・・・今回は慎重に分量を量り作りました。

ポテトピューレが沈むことなく、しっかりと浮いています。

成功したようです! \(^-^)/

スプーンですくってみると・・・ なんと、スープが長~く10センチ位まで伸びたのです。

驚きの粘り気ですね。

食べてみると・・・滑らかでまた驚きました。

20071128image019.jpg
 

いつも、あんかけなどに使っている水ひたし片栗粉が、こんなに変わるとは本当に驚きました。

滑らかなポテトピューレに、滑らかなコンソメスープでとてもおいしかったのですが・・・1分半の加熱で、ここまでとろみがつくという事には衝撃を受けました。

初めて食べる食感で、とてもおいしかったです。

今までもどこかで耳にしたことがあったのか、片栗粉と水は1対1の割合だと知ってはいたのですが・・・少しとろみがついただけで、火を止めてしまっていました。

もう少し長く火にかけておくことで、とろとろのとろみがつけられるのって凄い~。

カレーや煮魚にも使えるようなので、ぜひ試してみたいです。

また、わらび餅のような和菓子も作れそうな気がします。

う~ん、片栗粉は、思っている以上に使い道がありますね。

粘りのある、濃厚なとろみ!
少ない水の量と、長めの加熱時間にするだけ。料理の印象が簡単に良くなる。片栗粉のワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪