HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン コロッケのワザ!(2007/10/10放送)
ためしてガッテン コロッケのワザ!(2007/10/10放送) は本当?

★「別次元!コロッケ革命(2007/10/10放送)」を見ました。

コロッケと言えば、冷凍コロッケを揚げてしまいがちですが・・・時々、子供達と一緒に作ります。

じゃがいもを収穫した日には必ず、家族みんなで大量にコロッケを作って食べるというのが、わが家の恒例行事となっています。(^o^)

皆で作った揚げたてコロッケは、必ずいつもとてもおいしくて、失敗なんてしたこともないと思っていましたが・・・確かに時間が経つと、サクサク感が無くなります。(・_・)

今回のためしてガッテンでは・・・冷めてもおいしいコロッケの作り方を説明していたので、是非コツを覚えたいと思います。

071010image001.jpg
 

早速、紹介していたコロコロコロッケを作ってみました!

材料は・・・ジャガイモ、生クリーム、砂糖、塩、粉チーズ、ソテーした鶏もも肉、小麦粉、卵、パン粉、揚げ油です。

ジャガイモは蒸かすのではなく、ガッテン流にグリルで加熱して使います。

洗ったジャガイモの皮を剥かずに、半分に切って、濡れたペーパータオルでくるみ、更にアルミホイルで包み、魚焼きグリルで焼きます。

071010image003.jpg
 

両面焼きなので、25分ほど焼くと・・・中まで柔らかくなり、熱いけれど皮も簡単に手でむけました。

熱いうちにジャガイモをよく潰し、生クリーム、粉チーズ、砂糖、塩を入れてよく混ぜます。

071010image005.jpg
 

このポテトマッシュだけを味見してみると、これだけでおかずになるくらいおいしかったです。

この中に・・・一口大に切った鶏もも肉のソテーを入れて、丸く形を整えます。

071010image007.jpg
 

これに、小麦粉と溶き卵とパン粉をつけて揚げれば完成なのですが・・・揚げる温度にコツがあります。

揚げ物は180℃で揚げる事が多いのですが、冷めてもおいしいコロッケにするには、190℃~200℃の高温で1~2分だけ揚げます。

具は全部火が通っているので、まわりが揚がればそれでいいのです。

コロコロコロッケの完成です!

揚げたてはサクサクで、具にしっかりと味がついているので・・・ソースをかけなくても、とてもおいしく出来ていました~。

071010image009.jpg
 

いつもと違い、中にお肉が入っているコロッケだったので、子供たちが喜んでいました。

そして・・・3時間後位に、まだサクサクしているか、味見をしてみました!

電子レンジで温めなおしてしまうと、サクサク感がなくなりそうだったので、冷えたまま食べてみましたが・・・おー、まだサクサクしていておいしい~。\(^-^)/

ただ・・・ジャガイモをペーパーとアルミで包んでグリルで焼くと、少しずつしか作れないので、わが家のような大家族にはその点が向いていないかなと感じました。

やはり大量に蒸かしてしまうのが、早くて簡単なので。

でも、これからコロッケを作る時には、「高温で短時間」というポイントを忘れないようにしようと思います。

コロッケが冷めてもサクサク!
1~2分だけ揚げるのが意外。お弁当にイイ。但し、ジャガイモの下準備は必要。コロッケのワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪