HOME » 食品・料理 » ためしてガッテン オムレツのワザ!(2003/9/3放送)
ためしてガッテン オムレツのワザ!(2003/9/3放送) は本当?

★「いきなりプロ級!たまご料理の裏ワザ(2003/9/3放送)」を見ました。

オムレツって・・・上手に作れるようになりたい~って憧れますよね。

よくテレビで見かけるのですが、お店のシェフがフライパンの持ち手をトントンとたたきながら、簡単そうにきれいなオムレツを作っていますよね。

あれを見ると、意外と自分でも出来そうな気がするのですが・・・やってみると上手くいきません。(^^;)

今回のためしてガッテンでは、プロ級のオムレツが作れるというので、ぜひ出来るようになりたいと思い、試してみました!

材料は少なく・・・たったこれだけです。

200393image001.jpg
 

たまご、牛乳、バター、塩だけです。

このシンプルな材料で、プロ級オムレツを作ります。

200393image003.jpg
 

まず、卵をよく溶き、牛乳を加え更によく混ぜます。

フライパンを強火にかけ、バターを入れます。

バターが溶けてきて、泡が小さくなってきたら、一度フライパンを火からおろし、濡れ布巾に10秒ほどジュっと押し当てます。

200393image005.jpg
 

もう一度フライパンを強火にかけて、先程よく溶いた卵液を一気に流し込みます。

200393image007.jpg
 

ここで普通はお箸でかき回してしまいますが・・・お箸でかき回すのではなく、フライパンを振るのです。

200393image009.jpg
 

よく振る事で、生の卵液がかき回され、徐々に半熟になっていきます。

このように、激しくフライパンを振ってオムレツを作る事はなかったので・・・子供が興味を持って見に来ました。(^。^)

半熟になってきたので、よく目にするあのフライパントントン技法で、オムレツをまとめていきます。

200393image011.jpg
 

ところが・・・単純に強くトントンとたたいても、なかなかまとまっていきません。

どうやら、わが家ではIHを使っているので、あまり火元から離していると温度が下がってきてしまうようです。(-_-;)

そこで、火からあまり長い時間離さないようにして、フライパンを急な角度に傾けてみました!

すると・・・半熟だった卵液が、重みでフライパンの下の方に集まってきました。

それを手助けするような感覚でまた、トントンと軽くフライパンの柄の部分を叩くと・・・うまい具合にまとまってきました。

200393image013.jpg
 

まとまってきた卵液を、フライ返しで整えれば完成です。

おー、こんなに滑らかな表面のオムレツを作ることが出来たのは、初めてです!

200393image015.jpg
 

子供達も「きれい!!」と大喜びです。 \(^-^)/

今までに私が作っていたオムレツは、卵液が半熟になってくると、お箸で大きく混ぜてしまっていたので・・・中身も滑らかではなく、ムラになってしまっていました。

オムレツを作る時に、フライパンの柄の部分をトントンとたたく方法は知っていても使ったことはなく、ただ強くたたけばまとまるのかと思っていましたが・・・やってみると、そうではないことが良く分かりました。

ポイントは・・・半熟になってきたら、フライパンを急角度にしてトントンする事です。

これからは、朝のオムレツが滑らかできれいなプロ級になりそう~。

オムレツが滑らかでフワフワ!
焼く時にフライパンを振るのが新鮮。但し、キレイに整えるには練習が必要。オムレツのワザ、「ガッテン」しました~♪

今、良く読まれている記事はコチラ♪ \(^-^)/



免責事項

本サイトは、実際にためして見た結果で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。



運営者情報
ガッテン主婦

自己紹介はこちら
子供にも手伝ってもらっています~♪